手作りの結婚指輪工房について

手作りの結婚指輪工房について

手作りの結婚指輪を提供しています工房は、全国に多くあります。

栃木県にありますこの工房では、2店舗を展開しています。

来店されてから製作までにかかる時間は、約3時間程度で1回の来店でできますとのことです。

まず初めに、結婚指輪を手作りする作業の前に、どのようなデザインで作るのか、金額はいくらくらいかかるのか、指のサイズの測定、製作作業の流れなどの打合せを行ない、作業を開始するという流れになります。

大阪の中心部の梅田にあります工房では、婚約指輪や結婚指輪の手作りの初心者の方専門のお店になっています。

ほとんどの方が、最初で最後の1回きりで製作されるために、簡単で、楽しく作れて、短時間で仕上がり疲れない、という考えからで専属スタッフの方が丁寧にサポートしていただけるのと、熟練の職人さんが高品質な仕上げと工房での直販による安心価格を実現しているとしています。

京都府北部でお店を開いています工房では、結婚予定のお二人の要望を最大限に尊重して製作していただいていますので、近畿圏内以外に、中部地方・関東地方・四国地方・中国地方・九州地方からも多くのお客さまが来店されています。

手作り結婚指輪の制作工程について

手作りの結婚指輪の製作工程について紹介します。

手作りの結婚指輪を製作するにあたり、お二人が協力し合って作ることから始まります。

工房に、事前に日程を予約し、基本的には、当日、二人で工房へ出かけて、お店のスタッフの方と打合せを行ないます。

打合せには、手作りの結婚指輪のデザイン、予算、指輪のサイズ、などを決め、作業の流れの説明を受けます。

その際には、あとあと後悔しないように、出来るだけ二人の要望を出して製作にかかることが大切です。

作業の流れは、手作りの場合には、デザインを決めて、ワックスでの形づくりを行ないます。

ワックスはロウのような材料ですので、金属と比較して柔らかいものですので、ヤスリを使って削っていき、二人が作りたい形にしていきます。

この方法は、削り過ぎてもやり直しがきくのが最大のメリットで、削り過ぎた箇所に溶かしたワックスを盛り込めば、再度作業を行えます。

手作りの結婚指輪を制作する

このワックスでの形づくりが3時間程度で仕上がります。

それ以降は、工房の職人さんによる、ワックスの型を元に、鋳造・研磨・仕上げといった工程になり、最終仕上がり、二人の手元に入るということになります。